投稿

7月, 2012の投稿を表示しています

健康知恵袋

東洋医学の基本となる考え方では、人体は 気・血・水の3要素が体内を循環することで維持されていると考えています。
気とは「元気」の気、「気力」の気、「気合い」の気です。気とは目に見えない人間の体を活動させる根本的な生命エネルギーのことで、いわば元気の素です。
気の異常には、「気虚」と「気滞」があります。
★「気虚」は、気が不足した状態で、
★「気滞」は、気の流れが滞った状態です。
・気虚 (気が不足した状態)
    気は、食べたり、呼吸したり、休息をとることで生産され、心身の活動によって消費されま      す。
    消費が生産を上回ったり、食べたものがうまく消化されないと、気虚になります。
    主な症状なんとなくだるい、疲れやすい、やる気が起きないなど。
肌への影響: 気はものを引き上げる力があるので、気が不足すると、肌のたるみを引き起こし、     年齢よりも老けてみえる原因になる。
改善策: 消化のよい食事(米や玄米)を十分にとり、気の産生を促す。
      ・質のよい睡眠をとる。
      ・疲れたときは、無理せず休んで気を補う。
気滞(気が滞った状態)
     気の流れが滞ると、全身にエネルギーがゆきわたらなくなり、さまざまな症状を引き起こし     ます。
主な症状:イライラ感、落ち込みなど。
肌への影響:気の流れは、肌に栄養を運ぶ血の流れにも大きく影響するため、
気滞になると肌に栄養がいかなくなり、吹き出物ができやすくなる。のぼせや急な発汗も起きやすい。
改善策:気分転換してリラックスする方法をみつける。
     たくさん食べて、大いに動き、たっぷり寝るとよい。

リラクゼーション整体サロンふたたび
     受付:11:00~21:00 (月曜定休)
042-526-8575(予約制)