投稿

12月, 2015の投稿を表示しています

【外反母趾痛み改善コース】モニター募集のご案内

イメージ
足の親ゆび(拇趾)の付け根が「くの字」に変形してしまう外反母趾 その悪影響は靴にあたって痛いというだけにとどまりません。
ゆびが使いづらくなったり足裏のアーチが低下していたりすることで 不安定な土台で姿勢が崩れたり、膝や腰への負担が増えたり 知らぬ間にあなたの活力を奪い、健康寿命を縮めてしまっているかもしれません!?

ご自身や周りのご家族、お知り合いで 辛い症状をそのままにしてしまっている方はいませんか?
ふたたびではフットケア担当のあつこによる 【外反母趾痛み改善コース】をご用意しています。 現在とてもお得なモニターコース募集中です。 内容について下記参考の上、ご興味ある方は ぜひ!お気軽にお問い合わせくださいね。
  ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓   ↓ ↓ ↓ 
外反母趾の原因から根本的にケアすることで、痛みや進行をくい止め 疲れづらい元気な状態の足へ改善していきます。
【 外反母趾を進行させる原因への対策 】 ●合わない靴 ←どんな靴選びが良いかポイントを個々に伝授 ●足の土台の崩れ ←お持ちの靴のインソール調整で安定する足へとサポート ●変形を進行させる歩き癖 ←WKレッスンで癖を押さえた正しい歩行へ改善
【外反母趾によるデメリットへの対策】 ●一度曲がると母趾はますます曲がりやすくなり痛みが出ることもある  ↑外反母趾対策テーピングでゆびを整え痛みを改善 ●不安定な土台で下半身が特に疲れやすくなる  ↑むくみの原因となる下半身のコリをオイルでしっかり

腸の調子が心の安定を生む?

イメージ
このところ日中は安定したお天気が続いていますが
朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。

12月に入り、冬に入ったと言えるでしょうかね。

寒い中の外出時は冷えぬよう
お腹にホッカイロを貼って凌ぐあつこですm(ーー)m


今日はお腹の中で存在感の大きい
「腸」について気になる情報をシェアさせて頂きます。


脳で情報伝達を行う神経伝達物質の働きを
バランスよく調整しているのが
セロトニン」という物質で
いわゆる情報伝達グループのまとめ役。

このセロトニンの分泌がうまくいかないと
感情がうまくコントロールできなくなり
不安定な精神状態に陥りやすいそうです。

程度がひどい場合は「うつ」の症状になってしまうとか。
因みに日本は近年のうつ患者数の増加により
「うつ先進国」とも言われてしまっているそうです。


私たち人間の精神状態にとても大切な「セロトニン」
脳で生産されるのはたった3%

その95%は腸でつくられているそうで
大部分はなんと腸のぜん動運動により分泌されるそうです。

(参考図書:『新谷式病気にならない食べ方の習慣』
       医学博士新谷弘実監修 )

慢性的に便秘気味な方
ちょっとドキッとしますね。


また腸は、自律神経のひとつである
副交感神経とも密接な関りがあり
腸が元気で副交感神経が優位だと
心も安定しやすいそうです。

腸はただの消化器官ではなく
精神活動にも深く関与する器官なんですね。

東洋医学でも腸に限らず
五臓六腑は精神活動に大いに関りがあるとしています。
(西洋医学で指す臓器とは必ずしも一致しませんが)


お腹の調子がイマイチな方だけでなく
気持ちが少しふさぎがちかも?
と気になる方がいらっしゃいましたら

ぜひ!12月キャンペーンでお得な
【胃経・腸活セラピー(ホットジェル)120分】をお勧めいたします。

通常       12,500円(税別)
            ↓
キャンペーン  10,500円(税別)  12月末迄

ホットジェル、ホットタオルを使う【胃経・腸活セラピー】
お腹をホカホカに温め調子を整え、
年の瀬を元気に過ごしましょう!!

ホットハンドとご評価いただいているあつこが
心を込め施術させていただきます(^^)



☆★☆ ☆★☆ ★☆★ ★☆★ ☆★☆ 
憩いと安らぎのプライベート空間にこだわった【整体サロンふたたび】です。私どもの創意工夫を尽くした空間で、あ…