投稿

2016の投稿を表示しています

【甘いモノと足首の関係って?】

イメージ
昨日はクリスマスでしたね!
普段より美味しいモノ、甘いモノを
食べたという方も多いかもしれませんね?

今日はそんな甘いモノと足首に関わるお話です。

足首は関節なので、可動域があり
基本的には脂肪が付きづらい場所

足首が太い、くるぶしが見えない状態の方は
アキレス腱が硬かったり
老廃物が溜まっていたりします。

また、見た目は太くなくても硬い
という方もいらっしゃいます。


あなたの足首は大丈夫?

まずは足首の柔軟性チェックをしてみて下さい!

①足をそろえてゆっくりしゃがむ
②その姿勢を暫くキープ

かかとが浮いたりせず
スムーズに腰を落とししゃがめましたか?


しゃがみ辛かったり、バランスを崩した方は
足首の柔軟性が低い可能性あり!です。


では、もうひとつ。
両足を伸ばして床に座った状態で
片方ずつ足首をしっかり回す

この時、足首だけでなく
脛や膝も一緒に動いてしまう方
やはり足首の柔軟性が低い可能性が高いです!


足首が硬いと・・・何がよくないか?

・代謝や血流が悪くなり
 冷えやむくみやすさ太りやすさにつながる

・関節への負担が増し怪我や
 膝痛、腰痛などへつながる

・老化が早まる
 酷くなると硬い身体や曲がった腰に
 つながっていきます。

足首を通し、バランスの要である足と身体とが
繋がっていますから、その柔軟性が下がる
悪影響は大きいですね。


足首はどうして硬くなっちゃうんでしょう?

原因はいくつか考えられます。

・運動不足
 座りっぱなし立ちっぱなしの生活などで
 関節があまり使われていない

・足の過度な疲労
足裏、ふくらはぎや太腿など脚全体の疲労

・靴による原因
サイズや足の形が合わない靴で負担が増えている
高いヒールにより腱が縮みっぱなしになっている

・足の骨のズレ
体重を柔軟に受け止める足の構造が崩れている

・甘いモノの摂りすぎ、食べ過ぎ、飲みすぎ
白砂糖など分解に負担が多いモノの過剰摂取
暴飲暴食などで臓器が弱り
胃経、脾経、腎系、肝経など足首を通る経絡も弱り滞っている

「もしかして」と思い当たる原因はありそうですか?
まずは根本原因を抑えたり取り除いてあげることが大切ですが
同時に硬くなった足首を緩めてもあげたいですね!

今度、セルフケアで足首を緩める方法
いくつかご紹介したいと思います。


--------------------------------------------------------------------------------
憩いと安らぎのプラ…

【忘年会シーズンだし、寒い時こそチャンス!?】

イメージ
例年以上に冬らしい寒い日が続いていますね。

目覚めた後、ぬくぬくのお布団からなかなか抜け出せない朝を迎えている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

けれど、そんな寒いシーズンだからこその
メリットがあります。

冬こそ効率的にカロリー消費できる季節と
ご存知でしたか?

体には一定に体温を保とうとする働きがあるため、寒くなると熱を生み出そうとします。

そのため自然と基礎代謝が上がり、カロリーが消費されやすい状態になります。

なので、そんな時こそ外に出てウォーキングなど体を動かせば、カロリー消費の大幅アップを狙えます!

年末年始は何かと楽しく飲んだり食べたりする機会が増えるシーズンでもあります。

対策として、通勤時や帰宅時に遠回りをしていつもより多く歩く
電車やバスをひと駅分歩く「ひと駅ウォーキング」などいかがでしょう?

同じ距離でも歩幅を大きくしスピードを上げることで、更に運動量がアップします。
運動不足解消に加え、体の引締めまで狙えるかもしれませんよ?

体重増加や体のラインが気になる方、ぜひ短時間のウォーキング習慣をおススメします!

もちろん長い時間のウォーキングもよいですが、大事なのは継続。

頑張りすぎて後から一気に疲労に襲われることのないレベル
気持ちよく楽しめる距離や時間で続けてみてくださいね!

そうそう。「歩くぞ!」という時は特に、靴紐をしっかり締め直しましょうね。

緩い状態とフィットした状態とでは歩きやすさや足への負担が全然変わりますよ。


--------------------------------------------------------------------------------
憩いと安らぎのプライベート空間にこだわった【整体サロンふたたび】です。

私どもの創意工夫を尽くした空間で、あなたがふたたび笑いを取り戻し素敵な笑顔を見せると、
私達スタッフの心も温まります。

☆★☆ ☆★☆ ★☆★ ★☆★ ☆★☆ ☆★☆ ★☆★ ★☆★
190-0022 東京都立川市錦町2-7-8丸宮ビル1F

立川マッサージ【整体サロンふたたび】

ホームページ:http://www.futatabi.info
TEL :  042-526-8575
営業時間:11:00-21:00 (最終受付20:00)
オンライン予約:http://esp03.dt-r.com/futatabi/
お問い合わせ: future@…

【店長冬美の白湯習慣 なぜオススメするのか!?】

イメージ
施術後のお客様へ白湯を用意する時があります。

話を聞いてみると、

普段は白湯を飲まない・・・

喉が渇いたら、ビールを飲む・・・

珈琲を飲む・・・

ペットボトルのお茶を飲む・・・

意外に普段白湯を飲む方は少ないようです。


ちなみに私(冬美)は毎日必ず最低4杯の白湯を飲む習慣があります。

薄めたお茶を飲んだりもします。

・朝歯磨きが終わった後に必ず白湯一杯

・出勤して、店に着いたら、半杯

・食事前に白湯少々

・お客様への施術後に白湯少々

・日中は約2時間ごと、こまめに

・寝る前に白湯一杯




なぜ白湯をオススメするのか!?

中国では昔から美肌や健康を保つために取り入れられている方法で
最近は日本でも白湯の効果が見直されてきているそうです。


では、白湯は一体どのような効果があるのでしょうか?


・透明感のある肌、ニキビ、吹き出物などの肌トラブルを解消!

体を温めることができるので、血流が良くなります。

私は白湯を飲む時、いつも白湯が体内浄化してくれるとイメージしてます。

腸を掃除したい時は、白湯一杯を用意し、立って一気に飲み干します。

ちなみに朝の一杯はこの方法。

便秘予防、解消の効果もあります!


・乾燥肌を改善!

白湯を飲むと細胞の働きが活性化し、体は水分を吸収しやすくなります。

胃腸にとっても白湯は吸収されやすいため、効率的に肌に水分を補うことができます。

日中こまめに白湯を飲むのがコツ!


・肌のターンオーバーを促進!

新陳代謝が活性化されるため、新しい肌への生まれ変わりをスムーズに行うことができます。

代謝が上がることで肌や髪の健康状態が良好になります。


・血液循環促進により体の冷え性予防に!

体は体温が下がると内臓に血液を集めて内臓を守ろうとします。

白湯を飲むと内臓が温まって血液循環が良くなるため、体が温まり冷え改善に繋がります。

コーヒーなど普段からカフェインの多いものを飲んでいる方には特に効果的です。


・代謝がアップによりダイエット効果!

白湯を飲むことで体温が上がって代謝がアップし、カロリー燃焼しやすくなります。

体温が1度上がると、基礎代謝量は13〜15%もアップするそうです。


・頭痛緩解効果!

体の水分量が足りない時、血液濃度も高くなって頭の血液循環が良くなくなります。

白湯を摂ることで、全身の血液循環を促進するので

頭痛の場合、薬を飲む前に、白湯を試して見ることもお…

あつこの新習慣『白ごま油うがい』

イメージ
日本人にとってうがいは

水やうがい薬が一般的ですが

古代インドのアーユルヴェーダの

考え方ではごま油が普通だそう。

初めて聞いた方はおそらく

「うえっ!オイルを口に含むなんて!」

と反応する方多いと思いますが

(最近知った私がそうでした)

魅力的な効用が多岐にわたり、その上簡単だったので私にもできそう!

と新たな習慣を取入れはじめたあつこです。

その中身をちょっとご紹介です。

よかったらあなたもいかがですか!?


魅力的な白ごま油うがいの代表的な効果

●ほうれい線の改善

●美肌効果

●免疫機能の活性化

●風邪予防

●口内炎が早く良くなりなりにくくなる

●口臭予防

●歯を白くする

●虫歯・歯周病予防

●白髪の改善

●ハゲ、抜け毛の改善

ざっとでもこれだけの効果が認められている

ということでまるで万能薬のようです。


なぜうがいなのか?

体内に吸収させる仕組みに違いがあり、

食用として使うより舌の裏側から吸収させる方が吸収力が高く

毒素の排出を促してくれるそうなんです。

また、口に長くとどめることで口腔内の健康にも良いようです。


白ごま油の作り方と準備

ブラウンのごま油ではなく、使うのは白ごま油

白ごま油の方がより多くのゴマリグナンと、オメガ3脂肪酸を含んでいるそう。

たったこれだけで準備完了。

口から出す油でシンクをや流しを汚したく無い方は、

油を吸ってくれるティッシュやゴミ袋を用意しておくと便利です。

私はティッシュにペッとして生ごみにポイします。


うがいの仕方、手順とコツ

1.   歯磨きを先に済ませる

2.   作った白ごま油を大さじ1―2杯くらい口に含む

3.   口の中全体にまんべんなく白ごま油を行き渡らせる

4.   口を上下左右に膨らませるようにして白ごま油を移動させ
     ぐしゅぐしゅ音がするくらいの勢いで行う

5.   最後に喉にも白ごま油が届くように上を向いてガラガラうがいする

舌の裏側はもちろん、細かい部分にも白ごま油が行き渡るように意識することが大きなポイントのようです。

時間の目安は、ぶくぶくうがい30秒+ガラガラうがい30秒とされています。

私は口に含んだら先にガラガラしてからブクブクと順番は逆(普段の習慣で)

そのまま朝支度しながら2-3分は口の中で動かしています。

ブクブクすると思った以上に口を中心とした顔の筋肉を使うので小顔にも効果ありそ…

【両脚の状態と体の健康に大きな関りがある】

イメージ
中医からみると、両脚の状態と体の健康は大きな関連があります。

中医では、頭痛は頭だけみるのではなく
脚の痛みも脚のみみるではなく全体をみます。
なぜでしょうか?


中医学は陰陽論五行説に大きく基礎付けられています。
宇宙、自然、食、人体の世界を<陰と陽>のバランス(平衡感覚)によって生命体は息づいていると考えています。
春・夏・秋・冬の四季土用を加え<五季>とし、また万物の構成要素とされる木・火・土・金・水<五気>といいます。
その相性と相克の働きを<五行>として定義しました。 この五つが揃って初めて我々の健康でバランスのとれた生活が整うのです。
五臓肝臓は木、心臓は火、脾臓は土、肺臓は金、腎臓は水となり、人体の各部位の機能も同様に考え、体調変化も陰陽五行の失調から発生すると考えてバランスを整えるように対応します。


例えば、中医では、肝、腎が虚症の場合、よく脚に症状が出ます。

①両脚が冷たい:腎陽虚の症状 日常生活で、腰や背中が痛む事が多い、疲れやすい、両脚浮腫、四肢が冷たい 尿量が少なく、色が水のように薄い。

女性の場合は生理の量が少ない、生理痛がある、血の塊が出る、色が暗いなど、陽虚症とみられています。
腰から下、指で押してみて皮膚が凹んだまま戻って来ない、お腹が張って痛い場合は特に要注意。
普段、冷たい物、辛い物、性寒涼、脂濃い物、消化しにくい物は控えましょう!
便秘の方はもち米は不向き、便の緩い方は牛乳、エビなど通便作用のある食べ物は避けましょう!
日常では、体を温め、寝る前の半身浴がおススメ。なるべく夜11時迄に寝る習慣をつけましょう!


②両脚の冷えと同時に手足が熱い場合、中医では腎陰虚とみます。 普段、豆腐、バナナなど涼性の食べ物がおススメ。
運動はウォーキング、ゆっくりのジョギング、ヨガなど激しく動かないものがおススメ。

➂ 両脚水腫:脾虚 中医では、肺虚、脾虚、腎虚は全て水腫になる原因とされています。
脾虚による水腫は両脚に出やすく、指で押して窪みが戻ってこない、食欲減退、顔色くすむといった症状が伴います。脾の健康を取り戻す方法を取入れましょう。
食事面では、長芋、じゃがいも、ニンジンなど脾臓に良い物がおススメ。
ゴーヤ、キュウリ、セロリ、バナナなど脾気を消耗しやすい物は避けましょう!
それ以外も、脚の水腫になる原因はたくさんあります。放置せず早めにケアすること、ひどい場合は病院での受診をお…

【中国漢方って日本漢方や西洋医学とどうちがうの?】

中国漢方とは、古来から中国に伝わる 経験的な医学を用いた伝統医学のことをいいます。
日本漢方の診断法は「この症状にはコレ」 とパターン化されたものがわりと中心ですが
中国漢方は普段のその方の体質特徴を 捉えた上で根本原因を正しつつ 症状にも目を向けるといったもの。
また、西洋医学は、科が細分化され部分的に 詳しく診断することができ、様々な検査によって 病気を多面的に捉えることができます。
しかし、検査で異常が見つからない時、 どんなに症状がでていても「病気ではない」 と診断されてしまいます。
これに対して中医学は、体全体のバランスを考えて不調を整えます。
今起こっている事だけを見るのではなく、その人の生活や体調、食事、病歴など トータルを捉えて立て直す手立てを考える医学です。
『未病』の状態でしっかりケアすることに重点をおいています。

例えば・・・
「疲れがとれない」
「情緒が不安定」
「いつも眠い」
「便秘」
「目の クマ・しみが消えない」
「冷え症」
「むくみ」
「胃もたれ」
「肩こり」
「肌がカサカサ」
「のぼせ」
「ドライアイ」
「生理前のイライラ」
「にきび」...
などといった変調があれば、はっきりとした病名がなくても 一人一人の体質や背景にある要因を総合的に診て その人に最適な漢方薬や対処法を選ぶため ピッタリと合った症状の緩和や体質改善を行うことができます。
中医で診断される主な症状について、
今後、その体質や特徴、対処法など少しずつご紹介していく予定です。
-------------------------------------------------------------------------------- 憩いと安らぎのプライベート空間にこだわった【整体サロンふたたび】です。 私どもの創意工夫を尽くした空間で、 あなたがふたたび笑いを取り戻し素敵な笑顔を見せると、 私達スタッフの心も温まります。 ☆★☆ ☆★☆ ★☆★ ★☆★ ☆★☆ ☆★☆ ★☆★ ★☆★ 190-0022 東京都立川市錦町2-7-8丸宮ビル1F 立川マッサージ【整体サロンふたたび】 ホームページ:http://www.futatabi.info TEL :  042-526-8575 営業時間:11:00-21:00 (最終受付20:00) オンライン予約: http://esp03.dt-r.com/futatabi/ お問い合わせ: future@futata…

【中医学と漢方って・・・?】

イメージ
一般的には同じものとしてとらえられることも
多いようですが、調べると微妙に違うようです。

約3000年前に最古の中国の医学書『黄帝内経』が誕生
これを元とし、代々の中医臨床家の努力、研究により
体系化されたのが中医学。

「精」「気」「神」の3つを強調し、
陰陽説と五行説を核心理論として
五臓六腑、気血、津液(しんえき)の生理・病理を説明しています。

脈診(みゃくしん)、舌診、問診などを通し、
患者の病状、病性、病位を把握し
その上に、患者の証(全体像)を立てて一番合う有効な治療、
中薬、針灸、推拿(すいな、整体)、気功、薬膳などを行います。


日本、中国の交流、往来の歴史は非常に長く、遣唐使などが持ち帰った中に
中医学の書『傷寒雑病論』が含まれていました。


この本は著名な中医学家が『黄帝内経』を学んだ上に、
本人の臨床実践の経験を積み執筆されたもの。

日本で漢方医になる為には必読の定本で、
臨床治療はこの内容を参考に処方されます。

また、日本の漢方メーカーであるツムラの医療用漢方製剤には
129個の方剤を発売しているそうですが、
その半数以上が『傷寒雑病論』によるものだそうです。

中医学の陰陽、五行、気血、臓腑などの理論と一致した部分もありつつ
漢方には日本風土の実情に合わせて変更が加えられているようです。


梅雨が長く湿気も多い日本では、
「水湿」といって水分が体に溜まった状態が起こりやすく、
体の生理、病理の変化に強く影響を与えるそう。

そのため漢方は独自の「気・血・水」の理論を生み出し、
臨床では日本風土の実情に合う治療が徐々に広がったようです。



漢方は中医学と同じく四診法(望診、問診、聞診、切診)を重視しています。

・皮膚の色・顔色、目の色、舌の状態などを診る「望診」

・体臭・口臭、声・呼吸音などを診る「聞診」

・患者の話す言葉を診る「問診」

・手の脈をとり、腹部の堅さや柔らかさ張りなどを触って診る「切診」です。


 けれど「切診」の中に含まれる「脈診」や「腹診」では
脈の測り方や種類などに違いが見られるようです。

結論として、漢方は中医学の『傷寒雑病論』から生まれ、

日本風土の実情を盛り込んで発展されたものだといえるようです。

漢方と中医学はそれぞれの特徴を持ち、相互に影響しあいながら
人類の健康、防病、治病の役割を担っているんですね。


--------------------------------------------------…

【秋は肺の乾燥に注意!おススメ食材は?】

イメージ
朝晩の冷え込みが大きくなりすっかり秋となりました。

11月は暦の上では「初冬」

これから益々風も冷たくなり、乾燥の度合いが増してきます。
「秋の臓」といわれる「肺」は特に乾燥するのを嫌います。
肺に通じる器官である鼻、喉などの不調、咳が出やすくなるなど
乾燥からくるトラブルや病気を未然に防ぎたいですね。
また、女性にとって乾燥はお肌を老化させる美容の大敵でもあります!

粘膜や皮膚を潤し、乾燥を防ぐ作用がありオススメなのは白い食材。
ナシ、大根、牛乳、豆乳、アンニン、卵などは喉の渇きや、皮膚の乾燥を防ぎます。

辛過ぎる物、苦い物は体の中の潤いを取り除く作用があるそう。
取り過ぎぬよう注意が必要です。

乾燥で喉に痛みが生じたらナシがお薦め。
そのままでも良いけれど、ナシを半分に切って種をくり抜き軟らかくなるまで蒸し
くり抜いた部分にハチミツを入れて食べるのもおススメだそうです。

痰が出る場合は薄切りショウガ数枚をくり抜いた所に入れ一緒に蒸すと良いそう。
ハチミツは喉を潤し、ショウガは痰を取り除く働きがあります。

さらに、皮膚を丈夫にするのにビタミンAも欠かせません。
この時期においしくなる小松菜、ホウレンソウ、春菊などの青菜類、
ニンジンなどの緑黄色野菜は油で調理して毎日食べましょう。

これらに含まれているカロテンは油を使った調理法で体内への吸収がよくなります。
必要な分だけがビタミンAの働きをし、残りは肝臓の働きを助けます。

ビタミンEが豊富なアボカドオイルやごま油などと一緒に取ると、
免疫力アップにもつながります。

お薦めは青菜類のナムルや、おろしたニンジン、タマネギ入りのドレッシング。
作り置きが利き、毎日飽きずにいただけます。

旬の果物ミカンも、カロテン、ビタミンCが豊富な免疫力アップの食材です。
ただし、ミカンは温性なので食べ過ぎると胃もたれするそう。
注意して1日1~2個を目安にいただきましょう。

もちろん、肌に直接塗るオイルやクリームでのケアも欠かせませんね。
水にぬれた後、お風呂を出た後など特に乾燥しやすいタイミングでしっかりケアすると
肌の保水力や柔らかさが違ってくるでしょう。

「ふたたび」のオイル施術では多種高品質で保湿作用の高いオイルを使用しています。
店長もスタッフもセルフケアで愛用しています(^^)(^^)

100mlの小売りでお肌を潤すオ…

なぜ今こんなに「リンパマッサージ」が流行っているのか?

イメージ
「リンパマッサージ」や「リンパの流れをよくする」って
耳にすることあるかと思いますが、リンパとはそもそも何者でしょう?
今日は私たちの体の中の「リンパ」に関するお話です。


血液の中に血しょうという成分があります。
この血しょうの一部が血管の外に染み出し
リンパ管に回収されリンパ液となります。

血液が循環しているのに対しリンパは
末端から身体の中心へ戻る一方通行のルートで

•老廃物の回収と排泄

•細菌の退治

•ウイルスなどへの抗体を作る

•異物や細菌を血管に入れない

といった体にとても重要な役割を担っています。


血液が心臓ポンプによって流れているのに対し
リンパは筋肉の動きなどによって流れる為
座りっぱなしや運動不足で
どうしても滞りがちになる傾向があります。


三大リンパ系と言われるのが

首回りの頸部リンパ、脇の下の腋下リンパ、脚の付け根の鼠経部リンパです。


頚部リンパの働きや影響
















なんと300以上のものリンパ節がこの頸部に集中しています。

1、睡眠の質の改善、顔面皮膚のくすみ、シミ、ツヤの改善

2、肩首の痛み、寝違いしやすい体質改善

3、脳の血液循環、頭痛

4、吹き出物

5、喉の痛み、二重顎の改善

頚部リンパが滞ると、肩こり、頭痛、自律神経の乱れ、二重あごなどを引き起こします。



腋下リンパの働きや影響

















1、胸が張って痛む、全身代謝促進、デトックス作用

2、胸部の病気予防

3、腋下、上腕の脂肪代謝を高める

4、免疫、心臓供血機能の強化

繋がっている胸部や腕、肩首の症状改善にも関わります。

女性の場合、腋下リンパが滞ると乳腺がんになるリスクも高まります。
また、二の腕のたるみや肩こりも起こしやすくなります。



鼠経部リンパの働き
















鼠経部リンパは生殖系の最大排出器官です。
ここが滞ると、ひざ痛、足のむくみ、冷えの原因になります。

女性の場合、生理不調、子宮筋腫、卵巣嚢腫など鼠経部リンパの滞りからと言われ
慢性的な滞りは静脈瘤にもつながります。

手で鼠経部を擦って痛みを感じたり、階段の上り下りで脚が疲れやすかったりする方は
鼠経部リンパが滞っている可能性が高いです。


鼠経部リンパをほぐすメリット

1、骨盤内老廃物の代謝

2、生殖機能や腎機能を高める

3、下半身肥満の改善

4、ホルモンバランスの調整、婦人科病気の改善

5、手足の冷え改善

6、脚の痺れやむくみ改善


「整体サロンふたたび」のオ…

なぜ季節による風邪の症状が違うの・・・?

イメージ
中医では、
かぜは自然界の邪気である風邪(ふうじゃ)が身体に入り込んだ事が原因と考えられていて、

更に風邪は単独ではなく、他の邪と一緒に体内に入ってきて、

それぞれが特徴的な症状発症させます。だから、風邪も六種類があります。

種類による、風邪の症状が違う、治し方も違います。


中医からみると、

風邪(ふうじゃ)以外に
「寒邪(かんじゃ)」
「熱邪(ねつじゃ)
燥邪(そうじゃ)」
「湿邪(しつじゃ)」
「暑邪(しょじゃ)」六邪(淫)があります。


※現在「風邪(かぜ)」と言われている病気は、6つの病気の総称なんです。

風邪(ふうじゃ)のみだと、症状はそれほどつよくない、

大抵体内にこもることが多く、他の邪と組むと、体の中で風のように激しく症状が出ます。



誰でも風邪を引いたことがあると思います。

ただ、病名は「風邪」同じなのに、症状が違うのは経験した事がありますよね!


例えば、

熱邪のかぜの場合は

発熱やのどの痛みの症状が出る。

「熱」のかぜは、急な発熱、身体が熱っぽい、顔が赤い、
口の渇き、のどが痛い、鼻水や痰が黄色く粘りがあるといった症状が特徴です。
インフルエンザもこのタイプに当たります。


まずは身体の熱を冷まして炎症を鎮めることが大切です。


食べ物では、涼性の食材で熱を冷ましましょう

・ミントティー ・菊花茶 ・ごぼう ・蓮根 ・くず湯


燥邪のかぜの場合は

・長引く咳は乾燥のサイン

なかなか咳が止まらない、痰が絡む、といった症状は「燥邪」が入り込んだかぜ。
長引いた時に良く見られるタイプで、乾燥した「肺」を潤すことがポイントです。

マスクや加湿器等を使い、乾燥を防ぐ工夫も心がけましょう。


主な症状
・咳 ・痰が絡む ・胸が重苦しい ・口が渇く ・皮膚の乾燥 ・便秘気味


身体に潤いを与える食材を

・梨 ・枇杷 ・はちみつ ・杏仁豆腐 ・銀杏 ・大根

秋の時期には発病しやすいです、最近天気の温差が激しく、

熱邪かぜに続けに燥邪かぜも引きやすいです、熱邪風邪の熱を下がった後に咳も出たりします。



寒邪のかぜの場合は

かぜの初期で強い悪寒や頭痛、節々の痛み、水っぽい鼻水といった症状が特徴です。

このタイプのかぜの初期はとにかく、身体をしっかり温めることが大切。

暖かい服装を心がけることはもちろん、
酸辛湯麺など食事や入浴などで身体を芯から温める事は大事。

主な症状
・悪寒 ・頭痛 ・節々の痛…

経絡の状態チェックは自分でできる?

イメージ
1、一番簡単な方法は体のお肉をつまんでみる
痛くないが?
痛い場所は通りが滞った状態と言えます。 特に腕の外側の三焦経と小腸経、太腿には滞りやすい場所です。



2、一度圧迫し、血の流れ状態でチェックする
腕には六つ経絡
【①手太陰肺経・②手陽明大腸経・③手厥陰心包経・④手少陽三焦経・⑤手太陽小腸経・⑥手少陰心経】が通っています。
チェック方法は自分の手首を片方ずつ一分間強く握ってみます。

握られた手の色が赤色から白色に変わって手を放します。

経絡の状態が正常であれば手首から指先まで暖かい血が流れる感覚を感じられ、

手の色が正常な肌色に戻ります。










同じ、脚前裏外側に通す五つ経絡
【①足少陽胆経・②足陽明胃経・③足太陰脾経・④足厥陰肝経・⑤足少陽腎経・⑥足太陽膀胱経】が通っています。
チェック方法は太腿の付根にある急脈の位置を一分間抑えます。

一分後放し、血の流れが足先まで感じられれば脚の経絡及び脚の血流の状態はよいでしょう!


ただ、経絡マッサージを受けた事がない場合、脚先まで行くのは少なく、

膝当りまでに感じる方が多いです。

















3、八髎を摩擦します
この方法の主な目的は背中に通る督脈と膀胱経の状態をみることです。

八髎の位置を手掌で擦って、足が若干暖かくなるのは一番良い状態ですが、

ほとんどの方は暖かい感覚はお尻にとどまります。

少し良いと膝に熱感が出ます。


















4、仰向け状態でお腹を見ます。
お腹に六つ経絡
【①任脈・②足少陽腎経・③足陽明胃経・④足太陰脾経・⑤足厥陰肝経・⑥足少陽胆経】が通っています。

体の中心であり、お腹の状態は経絡の通りの良さにとても重要です。

お腹がどういう状態であればいい状態かというと、

まず、押して痛い所がなく、仰向けに

なると凹んで肋骨が見える状態です。

分かりやすく言うと、お腹に水を垂らすと、水がこぼれず溜まる状態です。



【足トントンでいいことアレコレ!】

イメージ
私たちの体には「気」が流れています。 この気がスムーズに全身を循環していると 健康な状態というのが、東洋医学の基本的な考え方。
現代人は、気の流れが滞りやすいです。 ストレスや不規則な生活や偏った 生活スタイルによって自律神経や姿勢が 乱れることも大きく影響しています。
特に、気が停滞しやすいのが下半身。 座りっぱなしで頭ばかり使う環境は 気や血液が脳や上半身にたまりがちで、 下に降りてこなくなるのです。 その結果、冷え性や代謝の悪化を引き起こします。
気の流れをよくし整える方法はいろいろありますが 気軽にできおススメな方法のひとつが、つま先トントンです。 両足のかかとをそろえた状態で つま先どうしをトントンとぶつける簡単な体操です。
やり方は、まず仰向けに寝るか、床に脚を伸ばして座ります。 その体勢で、つま先を両側に開いたり、閉じたりします。 閉じるときは、足の親指どうしがぶつかり 開いたときは、小指が床につくようにします。
つま先が刺激されると、意識が下半身に向かい、 上半身にたまった気運が下へ流れます。
さらに、体の末端にある毛細血管が拡張され 血液のめぐりが良くなる効果が期待できます。
また、ゆるんだ股関節(こかんせつ)が引き締まり 骨盤の歪みが矯正されることで、姿勢が正しくなります。
入浴後などに取り入れて頂くとより血の巡りが良くなり スムーズな入眠や熟睡を促すのにも効果的と言われます。
足トントンをやるときは、両足のかかとが離れないように注意しましょう。 最初は100回から始め、ご自身の体調に合わせ 慣れてきたらちょっとずつ回数を増やしてみて下さい!
テレビを見たりお喋りしながらも出来るので 取り入れやすくおススメです。 ぜひ試してみて下さいね!
--------------------------------------------------------------------------------

体の痛み、ハリなど常見症状と気・血の関係&対応法のご紹介

イメージ
痺れ:気の通りは良いですか、血の通りは良くない ・・・カッサ


麻痺:気・血の通りともよくない・・・カッサ & カッピング


だるい:経絡の通りはよいですか、気・血の不足症状・・・カッサ


ハリ:気が強い、体外に出しにくい、怒りやすいタイプな人・・・カッピング


痛み:瘀血は溜まりがある証拠・・・カッサ & カッピング


痒み:気と血が湧いてくる証拠、傷口を治りかけ時の痒みと同じ・・・カッサとカッピング施術際によく出る


--------------------------------------------------------------------------------
憩いと安らぎのプライベート空間にこだわった【整体サロンふたたび】です。
私どもの創意工夫を尽くした空間で、
あなたがふたたび笑いを取り戻し素敵な笑顔を見せると、
私達スタッフの心も温まります。

☆★☆ ☆★☆ ★☆★ ★☆★ ☆★☆ ☆★☆ ★☆★ ★☆★
190-0022 東京都立川市錦町2-7-8丸宮ビル1F
立川マッサージ【整体サロンふたたび】
ホームページ:http://www.futatabi.info
TEL :  042-526-8575 
営業時間:11:00-21:00 (最終受付20:00)
オンライン予約: http://esp03.dt-r.com/futatabi/
お問い合わせ: future@futatabi.info
☆★☆ ☆★☆ ★☆★ ★☆★ ☆★☆ ☆★☆ ★☆★ 


【秋にも土用があります!】

土用というと夏を思い浮かべる方も多いと思いますが 土用は各季節にあります。
陰陽五行説で、春・夏・秋・冬をそれぞれ木・火・金・水とし (余った?)土を各季節の終わりの18日間に当てはめたことから 立春立夏立秋立冬の前の18日間が土用とされています。
次の季節へ移る前の調整期間といったところでしょうか。
2016年の秋土用:10月20日~11月6日(太陽黄径207度)
●土用期間に避けた方が良いこと  引越土いじり(ガーデニング含む)穴を開けること(壁に穴を開ける、ピアスの穴を開けるのも含む)増改築吉方位旅行(特に北西は凶)土を動かすこと(盛り土・穴掘りも含む)結婚・結納新しく物事をスタートさせること


●土用の間にやった方がいいこと

大掃除と整理整頓、各種定期点検、季節に応じたお部屋の模様替え
土用の時期は、ある意味開き直ってしまって、あれこれ動かずに
家の中のことや、足元の強化をやった方がベスト。

土用の間は、五黄土星の影響により
どうしても厄が溜まりやすい時期であり
サウナや半身浴、プチ断食、瞑想、ヒーリングなどで
心身を浄化すると良い時期でもあります。

また、健康状態が運気を左右する時期でもあるので
体調の変化に敏感になることが非常に重要です。

「夏の疲れが一気に出る、老け込む」時期なので
「何か最近、調子がおかしいな…」と思ったら

無理をせずに
必要に応じメンテナンスしましょうね!

また、通勤や通学などで車やバイク、自転車に乗っている人は、
オイルやバッテリーの状態、タイヤの空気圧などのチェックをお忘れなく。

「土用だから」と変に身構えず、上手に土用を活用するくらいの気持ちで
土用だから出来ることを実践してみるのがよいみたいです。


不調を感じた方はぜひ「整体サロンふたたび」での メンテナンスもご利用下さいね!

-------------------------------------------------------------------------------- 憩いと安らぎのプライベート空間にこだわった【整体サロンふたたび】です。 私どもの創意工夫を尽くした空間で、 あなたがふたたび笑いを取り戻し素敵な笑顔を見せると、 私達スタッフの心も温まります。 ☆★☆ ☆★☆ ★☆★ ★☆★ ☆★☆ ☆★☆ ★☆★  190-0022 東京都立川市錦町2-7-8丸宮ビル1F 立川マッサージ【整体サロンふたたび】 ホームページ: