【秋に向けて覚えておきたい肺経のこと】


《正式名称》「手の太陰肺経(たいいんはいけい)」

まだまだ夏日な陽気ですが、
二十四節季ではだんだん暑さがおさまる「処暑」も過ぎました。

これから秋に向けて乾燥が進んでくる時期、
このシーズン弱りやすいと言われる「肺経」について取り上げてみます。

肺経は手の平側で親指側を巡っている経絡。
肝経が肝臓を巡り胃に入るのを受け、
胃の真ん中からスタート、胃を廻って上がり、肺や気管を巡ってから喉に向かいます。

そして左右に分かれ、鎖骨窪み辺りから腕内側を巡り肘の凹み、
手の親指へと向かい流れている経絡です。

肺経の気の巡りが弱くなった状態は「肺虚」とされ、
呼吸量が浅くなって、気弱になったり心配性になったりします。

また、自分を抑え他人に気を使いすぎて気を消耗したり、
気力が薄れ鬱になってきたりします。

その他、胸が塞がれて呼吸がし辛くなって咳が出たり、
気管支炎や気管支喘息になったりするケースもあるようです。

お勧めな食べ物
季節物の大根、梨。あとハチミツは潤肺効果があるので、
この時期特にお勧めします。


《覚えておきたい膀胱経のツボ》

中府(ちゅうふ)
・鎖骨の下溝を肩に向かって撫でていき、肩の骨にぶつかる所から真下へ筋肉の山を一つ越えて、指がストンと落ちる窪みにあります。
・気や胸が塞がって起こる肺経全般の症状に効果があります。

尺沢(しゃくたく)
肘を曲げてできるシワの上で、上腕二頭筋腱の親指側に取ります。
 咳、喘息などに有効です。

孔最(こうさい)
・尺沢から親指付け根ふくらみに向かうライン上で尺沢から四横指(3寸)の所にあります。
・激しい咳や喘息の他、痔の出血や痛みにも有効。また、なかなか気力の出ない場合にも有効と言われます。

列欠(れっけつ)
・親指手首の骨の膨らみ内側動脈に、反対の手の指を手の甲側から回して中指を当て、それに他の指を添えた時に、薬指の当たる所にあります。
・咳や喘息の他、風邪や気鬱などによる首の強ばりなどにも作用すると言われます。

魚際(ぎょさい)
・母指第一関節の側面、骨の窪みで、手の平と甲の境目、骨の凹みのある所にあります。
・魚際は、咳や喉の炎症、痛みに有効です。

鎖骨辺りや手腕は自身の手でセルフケアしやすい部位ですね。
テレビを見ながらや休憩中、入浴中などに刺激してみてはいかがでしょうか?

しっかりケアしたいという方は、「ふたたび」メニューをぜひご利用くださいませ!
「肺虚」のような症状が気になるという方は「肺経しっかり」とリクエストくださいね。


おすすめメニュー

・経絡整体(個別対症対応)

・【ふたたび】デトックスオイルボディケア

・経絡リンパデトックス

・ふたたび(オーダーメイド・デトックス)

・アンチエイジング・ケア【ふたたび】


その他、取入れて対応できるものもありますのでご相談ください!

☆★☆ ☆★☆ ★☆★ ★☆★ ☆★☆ ☆★☆ ★☆★ ★☆★
190-0022 東京都立川市錦町2-7-8丸宮ビル1F
立川マッサージ【整体サロンふたたび】
 営業時間: 11:00 21:00 ( 最終受付20:00 )
電話:042-526-8575
ホームページ
オンライン予約(最短でご利用の1時間前まで予約可能):

☆★☆ ☆★☆ ★☆★ ★☆★ ☆★☆

このブログの人気の投稿

虫に刺されたときの対処法

吸玉 (カッピング) の最大の特徴や施術法についての話

カッサ(刮痧)の最大の特徴や施術法について